1. トップページ
  2. すまいる工房のサービス
  3. 屋根・板金・雨漏り・防水工事

屋根・板金・雨漏り工事

防水機能は徐々に低下します。雨漏りになる前に、定期検査を行いましょう。

できるだけ経済的にリフォームするには…

屋根のリフォームをする場合に足場が必要な場合と不要な場合がございます。カラーベストの板金の交換や釘の打ち直し等には「急こう配は除く」足場が要らないケースがほとんどです。
ところが、屋根全体を塗装したり葺き替えをしたりする場合はほとんど足場が必要となります。その場合には屋根単体の工事より「雨樋の掃除」や「雨樋の交換」「外壁の塗装」をいずれはお考えであるようでしたら、同時にリフォームした方が経済的にも無駄が大幅にカット出来ます。

雨漏りの原因

1 防水・剥離による雨漏り

瓦の割れ

3 金属屋根の錆

屋根・板金・雨漏り工事の工程

1 施工前

2 既存部撤去

3 既存部撤去2

4 下地補修

5 施工後

防水工事

防水の機能は徐々に低下していきます。定期点検を行い、雨・水漏れを予防しましょう。

こんな症状はありませんか?

防水工事メニュー

ウレタン防水工事(密着工法)

複雑な形状の屋根や部位にもつなぎ目なく防水層を形成できます。改修下地がウレタンの場合、撤去せずに新たな防水層を積層できます。

一般住宅・アパートなど一般的な工法

・FRP防水
ガラス繊維にポリエステル樹脂を含ませ化学反応させる工法。木造バルコニー防水などに施します。

一般住宅の木造バルコニー

・ウレタン防水(通気緩衝AV工法)
通気効果と緩衝効果を併せ持つAVシートの上に、ウレタン塗装防水膜を塗り重ねた、準密着・絶縁式の複合塗膜防水工法です。

屋上部分・ビルやマンションなど広い箇所用

・シート防水
プラスチックまたは合成ゴムのシートを下地に貼り付け防水を行います。屋上の施工に向き、耐久性、耐候性に優れ下地の亀裂にも強いのが特徴です。

防水豆知識

防水層の一般的な寿命は10~20年です。防水層を改修せず放置しておくと、防水機能の低下だけではなく劣化が進行し防水層を全面剥がしての改修工事が必要になり莫大な費用が掛かることになります。 計画的に防水改修を行いましょう。

ウレタン塗膜防水 約10年
アスファルト防水 約10~17年
シート防水 約13年

防水工事の工程

1 施工前

2 洗浄下地補修

3 下塗り、プライマー

4 中塗り、ウレタン

5 中塗り、ウレタン(2回目)

6 上塗りトップ、完成
提携企業
施工対応エリア

大阪府

大阪市、堺市、岸和田市、豊中市、池田市、吹田市、泉大津市、高槻市、貝塚市、守口市、枚方市、茨木市、八尾市、泉佐野市、富田林市、寝屋川市、 河内長野市、松原市、大東市、和泉市、箕面市、柏原市、羽曳野市、門真市、摂津市、高石市、藤井寺市、東大阪市、泉南市、四條畷市、交野市、大阪狭山市、阪南市・能勢町

奈良県

奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五条市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、宇陀市

京都府

京都市、宇治市、亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、南丹市、木津川市